大塚山(三條) 1130

全般                       房総丘陵1000
 JR内房線五井(ごい)駅乗換え、小湊(こみなと)鉄道、上総中野駅下車。小湊鉄道は養老渓谷駅止まりの便
があり、上総中野駅までの便は少ない。JR外房線大原駅乗換え、旧国鉄木原線=いすみ鉄道、大多喜駅、東
総元(ふさもと)駅、久我原駅、総元元駅、西畑駅、上総中野駅下車。すみ鉄道は廃止の議論が持ち上がってい
ます。時刻表や今後の成り行きなど注意が必要です。
 バス便はありますが便数が少なくて利用できません。バス停の名前を出しますが、これで場所の特定をします。

@ 上総中野駅構内 右側が小湊鉄道のホーム 左側がいすみ鉄道のホーム

@七面山展望公園 中野七面山○160
 上総中野駅→0.05←光善寺→0.10←七面山展望公園
 上総中野駅下車。上総中野駅は小湊鉄道、いすみ鉄道の共通の無人の駅だ。駅前広場は広い。竹を斜めに
切断したデザインの公衆トイレがある。
 駅前の国道465号線で右折し、右手に駐在所のある丁字路で左折する。舗装道路を上ると左手に、光善寺と
七面山展望公園の案内標識がある。荒れた舗装のやや狭い道路を上る。左手にイチョウの太い木を見た先、左
手に山門、右手に光善寺本堂のある前庭に出る。
 駅前の国道465号線で左折し、右手の細い道路へ東電柱西畑129柱で右折する。狭い道路の突き当たり、
表参道の石段がある。古い石段なので足元に注意したい。山門を潜って光善寺本堂前の前庭に出る。
 本堂左手から裏に墓地があり、コンクリート舗装の細い径が続いている。これが段径にかわると奥の院に出
る。振り返ればもう南側に展望がある。左手に尾根筋が延びていて、ベンチも並んでいる。奥の院の裏手の山
へ山道が続いている。楽器を抱えた姿の天女様の小さな石像が覆い屋の掛かった石祠の中にある。これが七
面天女像だ。
 頂上は奥の院の屋根の高さで、南側半分の展望が得られる。桜の木もあるので、季節が合えば素晴らしい眺
めになる。

A鬼子母神堂  ○160 
 上総中野駅→0.10←西参道(コンクリート道)→0.10←鬼子母神堂前
 上総中野駅→0.10←西参道(コンクリート道)→0.05←表参道→0.10←鬼子母神堂前
 西畑駅→0.05←表参道→0.10←鬼子母神堂前
 上総中野駅下車。駅前の国道465号線を右折し、東へ進む。左手の中学校入口のやや先、左手コンクリート
舗装の道路が山裾を登っている。入口には車止めチェーンが張られている。古い石塔があって、大師御自作子
安鬼子母神像と彫り込まれている。コンクリート道路はカーブを繰り返す。左右に低い尾根筋のある「峠」部を越
えると、水平やや下りになる。左手に別の尾根があって、細い踏み跡が上っている。コンクリート道路は二つの堂
の脇に出る。手前の堂には朝日堂と札が下がっている。しかし、中は倉庫状態だ。手洗石が右手にあり、左手に
常徳寺鬼子母神堂がある。
 駅前の国道465号線で右折し、東へ進む。中学校入口の先で、左手にコンクリート舗装の参道が山裾を登っ
ている。更に国道を東へ進んで、道路は下りかける。東電柱西畑64柱の僅か先、左手に分岐する未舗装道が
ある。離れて見上げると道路の崖の上にコンクリート舗装道の参道入口で見たのと同じ古い石塔がある。その位
置が高くて同じ文言なのだがとても読み取れない。並んでいるもう一つの大きな石塔は題目だ。
 西畑駅下車。国道465号線に出て西へ進む。庄司橋を渡る。この付近からは鬼子母神堂が、木立を透かして
山頂近くに見られる。右手に未舗装道がある。崖の下から登って行く道だ。崖の上には古い石塔がある。
 左手に農家がある田畑の中の道はススキに囲われている。左手に溜池を見た後、段径にかわる。古い石段に
なって左手に小さな石祠があり、石像がある。その僅か先で堂の前に出る。
 堂の正面脇には由緒がかかれている。左手に朝日堂があり、コンクリート舗装の道路がある。それを進むと右
手の尾根筋に山道があり、これを登ると僅かで、堂の裏山に出られる。太い丸太が転がっている。東側の眺め
がいい。

@ 上総中野駅 中央の白いものが公衆トイレ その陰に駅舎があります。

B湯倉高塚山 △178.6
 西畑駅からが一番楽な道です。楽な順に並べました。
 B−1 西畑駅から
 西畑駅→0.15←国道左折→0.25←湯倉高塚山
 西畑駅から国道465号線を東へ進む。道路の右側だけに歩道がある。湯倉橋は本多家の家紋にまで気を使
ったように歩行者用の側道橋があるのは嬉しい。右下には川面が、右上には水流で攻撃された高い岩壁が遠望
される。その後も右下には川面が見える。赤い欄干の瀬越(せごし)橋には歩道がないので行き交う車輌に気を
付けたい。その先の狭い車道の交差点で左折し、林道雨ヶ堀線を北へ進む。 瀬越橋の下の川はその僅か下
流で小さな滝を造っている。せごい、せごし滝はこの橋の僅か下流で川中島の岩塊を巻き込んだあと、滝にな
る。東側の交差点で右折した東電柱湯倉94柱の先には右岸へ下りられる小径が有り、川原に下りられる。
 林道雨ヶ堀線のアスファルト舗装の坂道を進んで、山中の二軒屋を見たあと、未舗装道路になる。ほとんど水
平の道路には轍がついている。この未舗装道路が尽きても、山道の幅は十分広い。切り通し状の小さな「門」を
抜けると右手に視界が広がる。ここで左手後の小ピークへの踏み跡を探す。一歩進んだ左手からひと登りする
と、二本の補助杭に囲まれた三等三角点の標石がある。

 B−2 東総元駅から 1
 東総元駅→0.10←国道分岐→0.10←池の三又→0.10←トンネル→0.05←
左後ろ合流・右前分岐→0.10←湯倉高塚山
 東総元駅にはトイレはないので、そのつもりでいたい。国道465号線に出て西へ向かう。南側にだけ歩道があ
る。北側に道路が分岐している。東電柱小谷松95柱。右手には資材か廃材がストックされている。この道路に入
ると川の右岸の道路が左岸に変わり、右側に池があり、左手に花壇のある三又を右へ進む。ここから未舗装道
路になる。シイタケ栽培場に挟まれた道路は十分広く右へ折れた道路はトンネルに入る。
 光線の加減によっては足元が全然見えないわりと長いトンネルなので、照明器具を持参したい。北側の出口付
近は崩落で路面は荒れて通りにくくなってはいるが、徒歩の通行には何の支障もない。右手に視界が開け、今度
は左に山を置いた径になるが、これが山肌からの崩落の土砂によって狭いものになっている。再び広い径になる
と左後ろから広い径が合流する。池の三又から民家の付近を通って来た径だ。ここから径は尾根径になる。右
手に尾根径が続き、左下へ緩い下り径が分岐している。ここではこの左下への緩い下り径へ進む。径が登りに転
じて右手の山肌に馬頭観音文字塔を見たあと、左手の視界が広がる。右側の斜面に細い踏み跡を探して、ひと
登りすると三角点のある頂上だ。

 B−3 東総元駅から 2 (西鍛治兼山 ●155)
 東総元駅→0.10←国道分岐→0.10←池の三又→0.15←高塚山・トンネル径との合流
→0.10←湯倉高塚山
 国道から北側へ分岐する道路に入る。右側に池があり、左手に花壇のある三又を左へ進む。左へカーブして
三角屋根の二階建て民家の前に出る。右手の一段高い平地へ折り返して上る。運動場を思わせる広場は農場
の作業場で、その右端、栗の木の立つ未舗装斜路に取り付く。
 山の中に入ったやや深い溝径は左右にカーブして高度を上げる。広い尾根筋の左肩を水平に進む径になる。
右手が尾根筋に変わったのち、その右手が低くなると径自身が痩せ尾根筋になる。右下には幅広い径が見え
る。高塚山・トンネル間の径だ。
 左手は小ピークになり、小さな踏み跡が丁字型に合流する。法塔山方面からのものだ。●155のピークを右に
巻くと高塚山への幅広い径に合流する。その方向のまま進めば高塚山へ至る。

A この付近からは鬼子母神堂が、木立を透かして山頂近くに見られる。
下手な写真ではお堂は色彩不明でわからない!!

 B−4 法塔山 ○140 西鍛治兼山 ●155
 法塔山の西側、地続きのこのピークが鍛治兼山で、別名西鍛治兼山ともいうそうです。地理院の地形図には北
東の別位置に鍛治金山の山名がありますので、こちらの方は西鍛治兼山とします。
 東総元駅→0.10←国道分岐→0.05←バス停久我原東丁字路
 久我原駅→0.15←バス停久我原東丁字路
 バス停久我原東丁字路→0.20←法塔山西丁字路分岐→0.25←
西鍛治兼山・高塚山・トンネル径との合流→0.10←湯倉高塚山
 久我原駅から表道路を北へ進むと陸橋を渡って国道の丁字路に出る。東総元駅から国道を進んで来ても同じ
くらいの時間だ。僅か西側にはバス停久我原がある。この丁字路の向かい側の山の斜面に草で覆われた左斜
路があり、これに入る。
 最初だけ下生えが多い。左右の木々が高くなると確実な斜路になる。しかし直ぐに古い小さな地滑り痕で径は
不明瞭になるが、それまでの方向で右山の斜面を進むと幅広い溝径のZカーブ箇所に合流する。この径で右折
する。左下は先ほどの斜面の下方で藪になって紛れてしまうものだ。
 谷の源流部に差し掛かると右折、一回のSカーブで峠の十字路に出る。峠乗り越し方向は下り始めだけ踏み跡
が明瞭だが、直ぐに曖昧になって、コンクリート法面の崖上の藪に至るものだ。峠の南側は細い登りの踏み跡
だ。峠からは左へ幅広い尾根径を登る。
 小さなカーブののち、右手の直登を避け、左手の巻き径を登る。この右手の小尾根に「弘化五年の石塔」があ
り、ここを法塔山という。その後右手は杉の植林になり、左肩の径をほとんど水平に進む。
 前方が開けるのは疎林状態の自然林との植生分かれの箇所で、踏み跡は丁字路に分岐する。左手は平地の
左肩から南へ向き直り、痩せ尾根へ変わっていく。右側の径は右手の杉の植林で多めの下生えを伴う。左手は
杉の木もその他の木々も疎らに生える自然林で、その生え分かれ部分に曖昧な踏み跡が続く。尾根が狭まると
小笹が疎らに被り、痩せ尾根は鞍部になる。小さく上りピークを左へ巻く径を繰り返す。別径に丁字路型に合流
する。右手東は池の三又へのもので、左へ進む。●155とこの付近のピーク群が西鍛治兼山だ。僅か進んで右
下の幅広い尾根径と合流する。高塚山とトンネルを結ぶものだ。

B 法塔山へはこの丁字路の向かい側の山の斜面に草で覆われた斜路があり、
これに入る。

 B−5 総元駅から
 総元駅→0.20←筍農園前→0.15=0.10←分岐→0.20=0.15←竹の鞍部→0.15←
湯倉高塚山
 総元駅から北へ進むと国道465号線これを渡る。狭いアスファルト道の坂道を道なりに進む。東電柱黒原
159柱の三又のところは左へ折れて、石垣を右手にして進む。カーブミラーが有って道路が右へ曲がるところ、
直進すると砂利の道路になる。狭い分岐があり、左手が草の中に轍を見せる水平路、右がコンクリート舗装の坂
道で林の中の道になるところでは、この右手の道路へ進む。右手にこぎれいな家を見た後、林の中の水平な道
が続く。未舗装道が、左へカーブして筍農園の扉が遠望できるところ、柱上トランスをおく黒原249柱の下で、右
手けの踏み跡に入る。多少笹が被ってはいるが、「藪漕ぎ」と言うほどでもない、僅かに避る程度だ。
 竹林を囲う金網の脇を通り、これが終わったところ、右へ曲がる溝径から左右に曲がって進むピ径になる。右下
の尾根からの径を合流させてからSカーブで小ピークへ登り、その後小ークを左右へと緩く巻き、痩せ尾根を辿
る径なって高度を徐々に上げる。右側の斜面に孟宗竹を見下ろしながら進む径では、径にまで生えた竹とその
倒竹をかわしながら小さく下って径の鞍部に出る。この「竹の鞍部」には正面にも右へ巻く踏み跡が明瞭にある。
 正面の尾根筋に対して左下へ緩く下る径へ入る。更に下ると沢の源頭部を越える。右へカーブして緩く登ると幅
広い枝尾根に丁字路状に取り付く。左側は南西のピークに繋がる径で、右へ尾根筋を緩く登る。痩せ尾根になっ
て正面尾根が傾斜を強める所で、左下に分岐して水平に山裾を巻く狭い径に入る。非常に狭いので注意が要る
が斜面自身の左右の傾斜は強くないので落ち着いて進めば問題は無い。右側の山が低くなり、接近した尾根筋
が一段程度高い時に狭い踏み跡を辿って尾根筋の峠部に登る。尾根筋に踏み跡を見せる鞍部で、十字に踏み
跡が見える。左へ曲がって尾根筋を辿れば高塚山過ぎ南を巻く径に接続し、その背後のピークに三角点がある。
 「竹の鞍部」から十字路の鞍部・峠まではもっと東寄りの尾根径もあるがそちらは「紛れ」が多い。

 B−6 総元駅から黒原浅間山 1 ○140
 総元駅→0.30←黒原浅間山→0.15←分岐→0.20=0.15←竹の鞍部→0.15←湯倉高塚山
 総元駅からから国道465号線を渡り、狭いアスファルト道の坂道の二つ目のカーブミラーが左側に建っている
丁字路を右折する。小十字路を左折すると荒神様参道の石段の下に出る。右側に山道があってこれに入る。孟
宗竹の林の原を左に置いた急斜面の肩を辿る。
 石段の上にある荒神様の社殿は改築され、その脇には熊野神社の石塔もある。敷地の奥右寄りに径があり、
石段からの径と合流して斜面の肩の径を進む。孟宗竹とスギが競合する斜面、孟宗竹を囲むフェンスの脇を進
むが、これは直ぐに北端角に出る。枯れた倒竹が阻む傾斜が強まった斜面の先、ピークの広場にはかなり痛ん
だ石祠と思われる石が有る。下りに転じて最初の鞍部には東側に展望がある。二つ目の鞍部には4本に幹分か
れた大木があり、その左下にある広い径に降りる。大木の西側には赤褐色の細い幹(ヒサカキ)が挟み込まれて
いる。広い径は前項の径の途中から来た径だ。西巻き径が尾根径になって広い鞍部に出ると今度は太い木が
二本並んで門になっている。西側はスダジイの大木だが東側はやや細く、枯死が進行中だ。その間を抜けると急
登に替わる。直立したスダジイの大木の陰には山包浅間講の小御嶽大権現石尊大天狗小天狗(ただし木偏)文
政十二年(1829年)の石塔が大きい。更に急斜面を東巻きで登ると青い波鉄板の浅間神社に出る。黒原浅間
山の頂上は平で広く、太い木が多い。
 大木が二本並んで門になっているのを抜けて薄い踏み跡を左へ水平に辿る。左下の斜面が浅い鞍部になって
いる所でこれに降りて、浅間山北西に当たる位置の尾根筋に入る。踏み跡は薄く通行には判断が必要だが、急
な斜面にかこまれた鞍部を挟むピークに踏み跡がある。二つ目のピークの後、浅い鞍部から急登で三つ目のピ
ークを目指すとその途中で別径に合流する。右折するとSカーブでそのピークへ高度を上げる。その後は前項と
の重複を避ける。湯倉高塚山へ至る。

B 湯倉橋 サクラです。

 B−7 総元駅から黒原浅間山 2 ○140
 総元駅→0.30←黒原浅間山
 総元駅から北へ進み国道465号線を渡る。狭いアスファルト道の坂道を道なりに進む。東電柱黒原159柱の
三又のところは左へ折れて、石垣を右手にして進む。カーブミラーが有って道路が右へ曲がるところ、直進すると
砂利の道路になる。直進して直ぐ狭い右分岐※があるが、これには入らない。入った場合奇麗に手入れされた
竹林を抜け造成主旨不明の大きな横穴を見る。その西側の藪の中で金網に囲まれる。
 右分岐※を見送ると左下は水田、右は山の藪になる。東電柱黒原210柱の附近、右東側の藪の中に金網が
見えるのでその北端で小さな斜面へ藪の薄い箇所で上る。道路より一段高くなった先、倒木の多い溝径が隠れ
ている。これを北へ進む。
 手入れのされていない竹林の平地の西肩寄りを進む。倒竹を跨ぎながら進んで、竹林の幅が狭くなると山裾の
広い径になる。山腹を巻くほとんど水平な径に変わり、左下に溝径が分岐しているのを見送る。右側の山が低く
なり、尾根筋に立つ四本幹の大木の下に出る。赤い樹皮の木が寄生するように根に挟まれている。この附近か
らやや上りになるが尾根筋の西側を巻き、その後尾根筋になる径だ。黒原浅間山へ至る。

 B−8 総元駅から黒原浅間山 3 ○140 (予定・未完)
 総元駅→0.30←黒原浅間山
 総元駅から北へ進み国道465号線を渡る。狭いアスファルト道の坂道を道なりに進む。東電柱黒原159柱の
三又のところは左へ折れて、石垣を右手にして進む。次の東丁字路で右折すると左手にアンテナ塔のフェンスが
ある。 (予定・未完)

C鍛治金山 ●138
 国土地理院の地形図ではこの附近に鍛治金山の記入があります。全線コンクリート舗装と未舗装の混じる林
道が通じています。
 東総元駅→0.10←浄水場入口・日枝神社→0.15←石祠のピーク→0.05←鍛治金山
 東総元駅から国道を東へ進む。浄水場の案内標識で左折すると日枝神社の参道、石段の前に出る。右手の
斜路は浄水場。左手のコンクリート舗装の斜路へ入る。右手は急な崖で2ケ所右後ろに岩段の細い分岐があ
る。この路面の傾斜が緩むと未舗装になる。その後、道路の最高部と御思わせる箇所になる。左手に小ピーク
があり、狭い踏み跡を辿ると小石祠の前に出る。明治24年・1891年部田中の文字が読める。
 緩く下ると道路の左右が間知ブロックで固められた箇所を通過する。左右が切り通しになった右カーブ箇所が
最高所で切り通しを抜けた先で左側の踏み跡に入る。細い踏み跡の先はなだらかなピークで●138のものだ。
 その後、道路は小ピークの右側を巻くことが多く、下りが多くなる。 

B 久我原駅

D三條大塚山 △241.3
 D−1 西畑駅から (加筆訂正あり)
 西畑駅→0.10←小広場→0.25=0.20←大塚山
 西畑駅下車。無人駅だが、公衆トイレがある。駅前のバス停は駅名と一緒ではなく、西畑小前だ。国道465号
線を西へ進む。庄司橋の東詰めで左折する。道路は横沢踏切を渡ると、緩い傾斜の未舗装道が一直線に南へ
登っている。この道が小さな広場に出たところ付近から狭くなり、左よりの尾根筋へあがる。尾根径が続くが左に
分岐のあった後、右に二本水平の道を分ける。いずれも尾根筋の方に、マーキングがあり、踏み跡の濃い尾根
筋を進む。左後ろからの合流があった先には、右に溝径があるが、ここでは左の尾根筋の急登を登る。
 切開かれた電波塔の下、大塚山の北側の肩に出る。360度の眺めがある。西側斜面に切り株の椅子が多数
並び、東寄りの最高所に三角点と、この地の歌人を紹介した看板がある。この山を読み込んだ歌も書かれてい
る。
 西側の肩には、手摺柵のついた段径がある。東屋と砂利道の終点もある。真南の東寄りの斜面にも急な下り
径がある。

 D−2 万葉ロード
 ここで紹介する大塚山のコースのうち一番おすすめのコースです。
 上総中野駅→0.20←(三条入口南)万葉ロード入口→0.20=0.15←林道終点看板
→0.15=0.10←大塚山
 上総中野駅下車。駅前の国道465号線を右折し、東へ進む。駐在所の先で県道177号線へ右折し、南へ進
む。する。堀切興津踏切を渡り、大道(だいどう)橋を渡る。この付近は道路がカーブしアップダウンするので行き
交う車輌は少ないが、通行には注意したい。
 三条入口のバス停のところには、大きな看板がある。「曼珠沙華寺呼び戻しの鐘」などと書かれている。曼珠沙
華寺は浄宗寺という寺で秋になると境内は真っ赤な彼岸花でおおわれるという。江戸へ出稼ぎに行った息子が
帰らないので、早い帰郷を願って寺の鐘を叩いたという。軒先には小ぶりの鐘が吊るされていて、今も気軽に叩
けるようになっている。戦時中金属供出に応じてこの鐘は寺を出たが、終戦後、無傷で戻されたという。又、昭和
30年・1955年盗難にあったが半年後、無事に見つかって寺に戻ったという。正に寺へ戻る鐘だ。
 この付近からは大塚山の頂上が尾根の先に見える。県道のやや南側の右手には三條公民館があり、万葉ロ
ード臨時駐車場との看板があった。数台の駐車が可能だ。道路が右カーブする左側には旧道の広い路肩が花
壇になっている。その先の左手に万葉ロード入口=大塚山の登り口があり、腕木型の案内標識がある。
 路傍には万葉集の歌の書かれた木札が所々にある。札は傷んだために大部分が新調された。左にガードレー
ルに囲まれた未舗装道路が丁字路で分岐する。ここから万葉集の歌の木札が多くなる。民話「罰当たりの石」を
書いた大きな看板のある僅か先、左側の山側に溝径が分岐している。古くからの径で、これは登れない。
 左手に傾斜の急な斜路があり、右手には丸太の段径がある。左右共に中央の広場で合流する。ここにはトイレ
があり、西側の展望が開けている。広場の左側には手摺り先のついた急な段径が延びている。これを登ると大
塚山の頂上に出る。
 広場の右側にはスロープの山道があり、南側の尾根筋で北へ向き直って山頂に至る。途中、東側の展望台と
大塚山神社への小径がある。これは山頂で合流する。
 電波塔が山頂にあるが一周すれば360度、眺められる。一番高いところには三等三角点の石標がある。真北
には細い踏み跡ながら下り径がある。東屋やベンチテーブルがある。この地方出身の歌人を紹介した看板があ
る。その子孫は後に国会議員にもなっている。

D 万葉ロード駐車場 曼珠沙華寺入口 150m先 万葉ロード入口300m先 赤い屋根

 D−3 バス停弓木寺下から
 上総中野駅→0.20←(三条入口南)万葉ロード入口→0.10←田代滝入口→0.05←
小丁字路(弓木270柱)→0.05←
バス停弓木神社前→0.05←弓木寺下→0.10←丁字路の網扉
→0.20=0.15←小ピーク→0.15←大塚山
 上総中野駅下車。駅前の国道465号線を右折し、東へ進む。駐在所の先で、県道177号線へ右折する。堀切
興津踏切を渡り、大道橋を渡る。三条入口のバス停の付近からは大塚山の頂上が尾根の先に見える。防火水
槽の丸い赤い標識のある左手が万葉ロードの入口になっている大塚山の登り口だ。
 更に県道を南へ進む。下台バス停付近から左手に大塚山の頂上が見える。左手に田代滝への分岐を見送る。
右手に弓木(ゆみぎ)神社の鳥居と社殿がある。バス停弓木寺下に近づくと道路の西側が円弧状に拡がってい
る。東側には細い道路と水色の倉庫があり、この道に入る。
 道路を道なりに左へ曲がって、東電柱弓木138柱のところで民家の前に出る。右側の未舗装道路に入ると、
その先に白いガードレールが見える。この道を進む。網の扉の前、左側に分岐があり、こちらへ曲がると又網の
扉がある。この扉を開閉して進むと又今度は右手にT字路型に分岐があり、右手の坂道に入る。この付近、周囲
には竹が多い。
 溝径が尾根筋に変わると尾根の左右に巻き径がついている。尾根筋にも踏み跡があり、こちらにマーキングも
ある。ゆるい登りで尾根筋を進むと老大木の脇を抜けやせ尾根になると西側の景色が見下ろせる。左に直登路
右に巻き径、二つ目の小ピークも右の巻き径の方が紛れがない。赤白のポールの転がる北側の合流点を過ぎ
て鞍部から緩い登りで頂上南側の分岐に出る。左側は下草のよく刈られた斜面で桜の木が植わっている。幅の
広い、左側の径道はトイレのある広場にほとんど水平路で進んで、頂上を巻いてしまう。右側の道路はヘアピン
カーブの砂利舗装で細い径を右手に分岐させたのち東屋の下に至る。右手に分岐した方は枝木を埋めた段径
を上って頂上に達する。三角点の石標とこの地の歌人を紹介する看板がある。左手には丸太の椅子が並び、広
い展望がある。真北と西よりに下りの径がある。
 小丁字路(弓木270柱)→0.10←小切通し→0.25=0.20←宇野辺トンネル
 田代滝入口の南になる小丁字路(弓木270柱)から西へ進むと、全線舗装道路で宇野辺トンネルに至る。そこ
からは石尊代山が近い。

 D−4 西畑駅・弥喜用から
 西畑駅→0.05←バス停弥喜用→0.05←弥喜用→0.45=0.35←大塚山
 西畑駅下車。無人駅だが、公衆トイレがある。国道465号線に出た東角を右へ曲がる。バス停西畑小前があ
る。製材所とバス停バス停弥喜用(やきよう)の角で右西へ曲がり細い道路に入る。三叉路は右へ曲がる。集落
を抜けると左へカーブして緩く下る。左右に未舗装道路が広がっている。やや左手に入りくんだところがあって、
進むと向い側にイノシシ用の罠がある。−いずれ移動される可能性もあるが−斜面には溝径の地形が見られ、
これが急斜面で切れ落ちている。この付近には標識もマーキングもないので、入口は見つけにくい。そのV型の
地形の右手にロープがあるがこれも目立たない。V型の地形を谷や川に見立てれば、左岸にあたる位置へ登
る。奇麗な竹林の外れで、この左岸を登る。又は、このV字型の地形の右岸にもう少し楽な踏み跡があるのでこ
れを登る。疎らな林の中を右よりに、右下に倒木ならぬ枯れ竹で埋った溝径から遠ざからぬように進む。
 正面に尾根筋があって溝径は右へ折れるので、「右岸」のときはこの付近で溝径を渡って「左岸」へ踏みかえ
る。右下は奇麗に手入れされた竹林だ。左下の溝径の枯れ竹が減ったところでこの溝径に降りる。左手の尾根
は低くなり、石門を思わせる岩肌の切り通しがある。
 径は尾根筋か左に巻くことの多い特徴の少ない穏やかな径になるが、大きな倒木のために径が塞がれている
ところが一ヶ所あるので、丁寧に乗り越えたい。右に尾根を置く径から左に尾根を置く径へ踏みかえるところでや
や狭い切り通し状の地形のところがある。逆方向のとき、尾根の東側を巻いている径の下にもう一本下る径があ
るので、こちらには入らぬこと。
 右後から西畑駅庄司からの径を合流させたのち、右下へ下る溝径を見る。ここでは左側の尾根筋を選ぶ。痩
せ尾根から傾斜を強めて大塚山の頂上に至る。右下の溝径は山を右側に巻く径でほとんど水平に進んだ後、コ
ンクリート舗装道路のUターン箇所に出る。左へ進めばトイレのある広場から頂上へ行く。右へ下れば万葉ロード
で三條へ下る。

D お寺の境内の花(彼岸花)と大塚山

E田代滝
 川回し(流路の短絡)によって造られた人工の滝です。旧河道を下って滝の下流に出られます。
 上総中野駅→0.20←(三条入口南)万葉ロード入口→0.10←田代滝入口→0.10←田代滝前
 バス停三条入口、下台を経て、バス停田代の僅か南、県道が左カーブしている所、東側に田畑への道路が下
っていて、田代滝入口の標識がある。県道の左右に路肩の広いところがあるので、車は県道より中に入れない
ほうがいい。
 道路はすぐに未舗装道になり、三又分岐に出る。左へ進むと右側は河岸段丘の田畑の崖で、道路は北向きか
ら東、南向きへと右へ曲がって行く。右手の崖の中から水音が聞こえる。用水路のトンネルで、その中が小さな
落差を持っていて水音を立てている。道は右山の裾を縫う細い山径になる。すぐに西畑川の左岸に出る。左手に
は休憩展望所が造られた。上流には2条に落ちる田代滝が見える。
 県道を僅か南へ進むとバス停宮ノ下だ。東へ進むと木橋がある。下流は低いコンクリート堰になっている。その
更に下流は川幅全部の高低差の低い滑滝になっている。

D 浄宗寺 この日は法要があり、開いている。向拝の脇に呼び戻しの鐘がある。F殿中山 ●263  兜野山 ○230
 すぐ北側の三條大塚山より高く、他の地域に重なりのない名前です。害獣避けの金網が山を南北に縦断して張
られましたので、これに沿って尾根筋を辿ればわけなく山頂へ行かれます。しかし何の標識も展望も有りません。
 F−1 南側から殿中山へ 北側から兜野山へ
 上総中野駅→0.20←(三条入口南)万葉ロード入口→0.10←田代滝入口→0.05←小丁字路
→0.05←
バス停弓木神社前→0.05←バス停弓木寺下→0.10←東電柱弓木163柱左折
→0.10←峠→0.10←殿中山 峠→0.05←兜野山
 上総中野駅下車。駅前の国道465号線を右折し、県道177号線へ右折する。三条入口のバス停から、更に
県道を南へ進む。バス停弓木寺下から南へ進む。左側二本目のコンクリート舗装道東電柱弓木163柱のところ
で左折する。もう僅か進むと第二倉庫バス停だ。この付近は道路の路肩が広く、駐車が可能だ。
 コンクリート舗装の坂道は、二軒目の農家の玄関で左へヘアピンカーブして、未舗装になり今までの道路を左
下に見る。すぐ分岐があり左側の山裾を登る道を選ぶ。左側に傷んだ鳥居と石段がある。別所に合祀された神
社跡への参道を見送る。竹林の中へ差し掛かって左カーブする。右カーブして溝径になると分岐がある。さらに
右へ進むと害獣避け金網の張られた尾根筋の峠部に出る。
 峠部には金網が扉になっている。この扉を開閉して金網の東側に出る。この金網は最近造られた。作業のた
めの切開きに沿って、孟宗竹の切り株を踏んでかなりの急坂もわけなく進める。年が経てば通行不能の可能性
がある。小さなピーク一つのあとの頂上が殿中山だ。喬木の中で展望はない。
 峠部の金網の扉の東側に出る。南側へ金網に沿って進む。一部急なところもあるがすぐに長細い尾根筋を進
む。マテバシイの枯れ枝を踏んでピークに進んでも何の標識もないが、峠を挟んだピーク兜野山の頂上だ。すぐ
南側は小さな崖の下に林道が見える。

D 浄宗寺 この日は法要があり、開いている。向拝の脇に呼び戻しの鐘がある。

 F−2 北側から殿中山へ
 上総中野駅→0.20←(三条入口南)万葉ロード入口→0.10←田代滝入口→0.05←小丁字路
→0.05←
バス停弓木神社前→0.05←バス停弓木寺下→0.10←丁字路の網→0.15←殿中山
 上総中野駅から県道177号線を進んで、バス停弓木寺下を目指して南へ進む。バス停のわずか北側に水色
の倉庫が東側にある。ここから狭い舗装道路を東へ入る。道なりに直進する。民家の前で舗装が切れる東電柱
弓木138柱のところまで進んで、右側の未舗装道路を登る。左手に分岐のある金網の扉の前に出る。左手の
分岐は大塚山へ至る径だ。扉を開閉して直進すると広場状の広い三又に出る。右側の広い道路は細くなりなが
ら、緩く登っている。直進は緩く下っている。左側の斜面には枯れ枝や枯草に覆われた溝径らしきものが登って
いる。
 右南側の分岐を進むと徐々に幅を狭めながら緩く登る。三叉型の分岐は右側を選ぶと、その右側に先ほど扉
で抜けた金網がある。この金網は更に右側のピークへ曲がり込んで離れたりするが、この金網にそって平らな径
を進む。
 左側が小尾根の末端部で踏み跡がある。このまま金網に沿って急坂をいとわず進めば左側に竹林、右側に金
網の扉、金網の向こうに共聴アンテナを見る。右に曲がったわずか先が一番高い。殿中山だ。
 左側の小尾根の末端部に踏み跡がある方へ進むと、緩やかに高度を上げる奇麗な踏み跡が続く。小尾根を越
えると、お盆状の谷の竹林の上に出る。左側に水平な踏み跡が二本見えるが、これらには入らず、右手へ、尾
根の上部へ進む。踏み跡らしくはないが、歩きやすい。すぐに金網に突き当たる。その金網の向うには共聴アン
テナが見える。左へ折れるとわずか先が一番高い。殿中山だ。

 F−3 せせらぎの滝
 せせらぎ橋に近いバス停大坊の東側に長い参道を持った妙厳寺があり、境内には樹齢430年、天正年間
(1573年〜1592年)に植樹されたオオスギ二本が本堂の前に並んでいます。幹周り5.2メートル、高さ25メ
ートル。ほかにスダジイも大きい。
 総元駅→0.15←戸越踏切→0.05←交差点(バス停新船塚橋南側)
 西畑駅→0.05←バス停弥喜用→0.20←交差点(バス停新船塚橋南側)
 交差点(バス停新船塚橋南側)→0.15←せせらぎ橋→0.10←せせらぎの滝
 総元駅は無人駅で、ホームに降りて西よりに二つの出入り口がある。右側がトイレの入口で左側が改札口だ。
待合室のベンチが並んでいる。駅舎の東半分は黒原公民館になっている。表通りの国道465号線に出て、左へ
曲がる。丁字路で左に曲がり、笛倉(ふえぐら)橋を渡る。踏み切りの先で西畑駅からの道路と合流する。新船塚
橋の南側だ。左へ曲がり、南へ進む。宇筒原、大坊のバス停を過ぎて右手にせせらぎ橋がある。広い道路が分
岐している。ゆるい坂道を登ると右側にせせらぎの滝体験農園の看板がある。これを進むと右側に果樹園と販
売場が見える。その右側へ道路を分岐して進む。
 正面に休憩ベンチがあり、右手に駐車場とたけのこ、果実の直売場とがある。左手奥にはベンチがある。ここ
まで進むと湾曲した河岸の岩壁を流れ落ちる滝が眺められる。清潔感にあふれた気持ちのいい滝だ。
   バス停百鉾(もふく)

D 万葉ロード入口

 F−4 せせらぎ橋を渡って北側から殿中山へ
 せせらぎ橋→0.05←分岐点→0.15←丁字路の網の東側→0.15←殿中山
 総元駅又は西畑駅からせせらぎ橋を目指す。橋を渡るとせせらぎの滝体験農園への分岐が右にある。そのま
ま広い舗装道路を直進すると左後側にコンクリート舗装の道路が分岐しているが、そのままアスファルト舗装道
路を直進する。道路は工事中で将来は県道177号に繋がる。道路の終点から盛土の斜面を下るとこれまで右
手にあった谷の沢筋の径になる。この谷を左へ横切って狭い山道で谷の左岸の斜面をトラバースする。すぐに
未舗装道になり、左手に広い分岐がある。このまま進めばすぐに金網の扉の前に出る。この幅広い分岐を左へ
曲がる。
 ここは三條大塚山の尾根筋の南端で、殿中山を北側から登る径になる。以下はバス停弓木寺下から殿中山を
目指した案内と同じだ。
 平成25年・2009年の春、せせらぎ橋からの道路の終点に平田トンネルが開通した。

 F−5 せせらぎ橋を渡って東側から殿中山へ
 せせらぎ橋→0.05←分岐点左へ→0.15←切り通し部の分岐点→0.10←殿中山
 総元駅又は西畑駅からせせらぎ橋を目指す。橋を渡るとせせらぎの滝体験農園への分岐が右にある。そのま
ま広い舗装道路を直進すると左後側にコンクリート舗装の道路が分岐している。やや急な道路で左に向き直る
方向の道路は尾根筋で舗装が途切れる。正面にはやや下りの未舗装道があり、右手にはやや登りの未舗装道
が分岐している。右手の未舗装道は左側に山筋の道路だが、これが痩せ尾根になって、左右の崖が切られた
溝道になる。
 この未舗装道路をそのまま進むと、竹林の盆地で道路は尽きる。周囲の山並の内、右よりのわりと低いところ
を目指す。尾根筋には北側へのくだりの踏み跡があるが、これは北側からの径で、左側の緩い尾根筋を竹林の
中を登る。
 左右の崖が切られた溝道のとき、左手の崖に小さな踏み跡がある。これを登った場合は、林の中に薄い踏み
跡があり、コースサインもあって南へ進む。二回の曖昧な鞍部のあとの小ピークで右へ折れて細い杉林の中、幅
広い緩やかな尾根筋を進むと頂部に出る。

E 田代滝入口の標識

 F−6 バス停平沢ダム入口から 殿中山と兜野山
 せせらぎ橋→0.10←東電柱宇筒原144柱右折
 東電柱宇筒原144柱右折→0.25=0.20←峠
 東電柱宇筒原144柱右折→0.25=0.20←兜野山→0.05←峠
 峠→0.10←殿中山

 総元駅又は西畑駅からせせらぎ橋を目指す。更に南へ進み、バス停平沢ダム入口、平沢ダムへの道路の丁
字路、平沢橋。その南側で、西右側の丁字路に入る。東電柱宇筒原144柱のところだ。右折してすぐ左折して
表の道路と並行した道路を南へ向き直るとすぐに狭い角度の三又分岐がある。これを右へ進んで緩く坂を登
る。右へ曲がって田の脇から左山の急坂の道路になる。左へ急カーブする。右に分岐があるが、舗装道路のほ
うを進む。右にわりと大きな小屋、未舗装の分岐が二ヶ所あるが、いずれも舗装道路を道なりに進む。右側に小
さな小屋掛けの作業小屋のある脇を進むと未舗装の道が分岐している。右後ろ寄りと、右前の二本、K字路型
になっている。
 右前方の未舗装道路のほうへ進む。周囲は竹林になって道はどんどん狭くなり、やがて山道になって段道を
少々登って金網の扉の前の「峠」にでる。金網に沿って右へ進めば殿中山で、左へ進めば兜野山だ。
 K字路型の分岐を右に見送って更に舗装道路を進めば、坂の頂部に達して未舗装になる。左手にコンクリー
トの塊とマンホールの蓋が見える。水槽だ。右手の一段高いところに金網が張られている。やや低いところから
これに登り、金網に沿って右手へ戻る方向へ進めば右手のピークが兜野山だ。そのまま金網に沿って進め
ば、扉の前の「峠」にでる。金網に沿ってさらに進めば殿中山だ。
 未舗装道は南へ向かって緩く下っているが竹林の広場で尽きる。

G弓木高塚山 ●242
 G−1 会所入口側から
 殿中山兜野山登り口東電柱弓木163柱→0.15←バス停会所入口・交差点→0.05←防火水槽
→0.25=0.20←弓木高塚山
 上総中野駅から県道177号線を南へ進む。バス停弓木寺下附近には旧道の広いところがあって防火水槽を
避けて路肩への駐車が可能だ。それは、殿中山と兜野山の登り口になる東電柱弓木163柱付近のすぐ南側に
あるバス停第二倉庫も同じで、車止めの縁石に低いところがあって、歩道該当部よりも中に広いスペースがあ
る。バス停会所入口の交差点から更に南へ進むと、コンクリートの蓋がされた防火水槽がある。
 その脇から田畑の径を目指す。害獣避けの金網の扉の前へ進む。杉の木立がわずか途切れたところに未舗
装道路がある。扉には入らず、金網に沿って右手に登ると又、扉がある。道路は右へターンしてすぐに出てくる
のだ。三番目の扉を開閉して未舗装道に進むと、すぐに道の終点になる。孟宗竹の林の中の斜面になるが、踏
み跡のようなものはない。そのまま東へ高度を上げるとすぐに尾根筋に出る。右手のピークを竹の中を進む。
 ピークからは竹は少なくなり、狭い尾根筋で下るころは踏み跡も明瞭になる。今度は急登になる。左にそれる巻
き径に誘われないように直登すると、頂上に出る。展望はない。北東方向に幅広い緩やかな尾根が見下ろせる。

Fせせらぎ橋

 G−2 平沢側から
 総元駅→0.15←戸越踏切→0.05←交差点(バス停新船塚橋南側)
 西畑駅→0.05←バス停弥喜用→0.20←交差点(バス停新船塚橋南側)
 交差点(バス停新船塚橋南側)→0.15←せせらぎ橋
→0.10←東電柱宇筒原144柱→0.10←
バス停たけのこ村→0.10←バス停平沢共同館→0.05←東電柱平沢36柱右折→0.10←山崎
→0.10←弓木高塚山
 総元駅又は西畑駅からせせらぎ橋を目指す。更に南へ進み、バス停平沢ダム入口、バス停平沢共同館を経
る。この平沢農村共同館の敷地にはゆとりがあり、駐車は可能だ。低い山の切り通し状の南側右手の坂道に入
る。東電柱平沢36柱の向い側だ。最後の農家への私道を左手に分ける右カーブののち、周囲は竹林になる。
右に竹林への分岐を見た後、左後への坂道が分岐している。
 左側の山肌が壁状になり、左へ急カーブする。その地点から直線に変わって間もなく、左手の山肌1段上に並
行している未舗装道路へ登る。更にもう1段上に並行している踏み跡へ登りかえる。竹林に入る車輌の轍が右手
に消えるところまでの左手の斜面の切れ込みを狙う。並行している踏み跡に登ったら左後へ向き変わり、尾根筋
の先端へ向かうと尾根筋に薄い踏み跡がある。
 「右に竹林への分岐を見た後、左後への坂道が分岐している」その後その坂道は右カーブして向き直ると、三
又分岐に出る。この分岐を右へ進む。雑木、蔓類の為に、幅の広い未舗装道路なのだろうが通行不能になる。
これをかわして尾根筋の先端のところ左手の斜面を無理登りすると、尾根筋の踏み跡に出る。「斜面の無理登
り」に適当な箇所が見あたらない場合、崩壊で狭くなった道路の踏み跡が再び広くなるところで、左手の斜面の
上に踏み跡を探す。
 尾根筋は踏み跡こそ薄いが、枝や倒木の邪魔少なく、地形図では表現されない小さなピークのあと、急登して
高塚山の頂上に出る。

 G−3 平沢入口側から
 防火水槽→0.05←バス停平沢入口→0.20←弓木高塚山
 バス停会所入口の交差点から更に南へ進むとコンクリートの蓋をされた防火水槽がある。その脇から田畑の
径を目指すことも出来る。更に道路を南へ進むとバス停第三倉庫の南側に東へ分岐する丁字路がある。バス停
平沢入口なのだが、傷んだバス停標識は読み取れない。ここで東へ曲がる。山裾は害獣避けのフェンスが張ら
れ、赤い鳥居のところでこのフェンスの中に入る。簡素な社がある。祭神は弓木神社に合祀されて、今は無主の
社だそうだ。右側には幹が洞(うろ)状になった大木もある。御神木だったのだろう。社の左側から薄い草の中へ
進む。孟宗竹の林の中なので草は少ないが倒れた竹をかわして進む。右手の山が尾根筋になったところでこの
斜面を目指す。踏み跡はない。孟宗竹ばかりの林なのに3本の太い木が混ざる。一本は杉で、目の高さほどのと
ころで変に幹が膨らんでいるのが特徴的だ。細い踏み跡が緩い傾斜で数本あるが、更に尾根筋を直登する。尾
根の左側を巻く位置に薄い踏み跡があって、尾根筋に合流する。
 尾根筋の径は尾根が狭くなると明瞭になってシイの並木になる。正面が急登になって、木の根が段径を造って
いるのを登る。この山には珍しい露岩を踏む。右へそれて急登を避ける巻き径がある。しかし右下が流れて狭い
斜面の径になってしまっている。北東側の尾根との取り付きに出て、左に急登すれば頂上だ。露岩の位置からそ
のまま直登してもわけなく頂上に達する。
 赤い鳥居の神社のわずか先に、もう一つゲートがある。これに入ると斜路が東へ延びている。周囲が背の高い
孟宗竹の林になると、径の草は少なくなり、左西へ折り返す。枯れた竹が径を蓋うが、幅があるので通行には差
し支えない。かなり西へ進んで、この幅も径もなくなる。竹林の中、太い木がある。右手に折り返して獣径ほどの
踏み跡を進んですぐ左手の尾根筋を急登する。踏み跡はないが、足がかりに問題はない。尾根筋の左側に薄い
踏み跡があって尾根筋に出る。以下は、神社からの登りと同じだ。 道路からいきなり登りになる。途中、径がな
くなり尾根筋を頼りに急登するので、慎重に進むことだ。
 これらの山は筍の季節、瓜田李下、紛らわしいので入山しないほうがいい。

F 平田トンネル 東側

H頭見山 ●289
 上総中野駅→0.20←(三条入口南)万葉ロード入口→0.10←田代滝入口→0.05←小丁字路
→0.05←バス停弓木神社前→0.05←バス停弓木寺下→0.10←東電柱弓木163柱→0.15←
バス停会所入口・交差点→0.05←防火水槽→0.05←バス停弓木第三倉庫→0.25=0.20←
切通し→0.10←298、299標分岐→0.05←頭見山

 バス停弓木第三倉庫はバス停会所入口の南で、防火水槽とバス停平沢入口とのほぼ中間だ。西側には二本
道がある。その内、北側の未舗装道に東電柱弓木214柱とバス停の標識が並んでいる。民家の脇を抜け、草の
轍は左右に分岐する。ここは左手へ緩く登る方へ進む。害獣避けの金網の扉を開閉して進む。右側が山、左側
は金網と浅い谷の地形。右側から古い崩落があったり、枯れた太い竹が倒れてこれが若干径にかぶったりする
が、全体的には幅の広い歩きやすい径だ。切り通しの地形を抜けて、南北の尾根の西側を進むが、東側には尾
根筋直進の径もある。これに入る必要はない。痩せ尾根筋でも幅が広く、ほとんど同じ高さでピークを数回左に
巻く。
 298、299の境界見出標の数字を見るところもピークを前にした痩せ尾根だ。径は左下に巻き径で続いてい
るが、ここで斜面を直登する薄い踏み跡を進む。291標の境界見出し標のある盛り上がりから右西へ進む。緩
い登り径は落ち葉で覆われた広い頂上の中央には石標がある。頭見(かしらみ)山で、石標には山と大きく彫ら
れ、反対側には三角点(旧字体)と彫られている。展望はない。南側には未だ幅広い径が続いている。
 県道177号、杉戸林道分岐の僅か南側に大森406柱で西側に分岐している農道から北へ進んでも頭見山に
至る。

G バス停竹の子村とたけのこ村

 杉戸林道分岐→0.15←分岐→0.20←潅木の平地→0.20←298、299標分岐→0.05←頭見山      房総丘陵 1000